川野が今思うこと2018

早いもので、2018年となってからもう、一か月以上が経過してしまいました。
とにかく、寒いですね。。私は寒いのが大の苦手です。
1月には流行を先取りインフルエンザ(A型)に罹ってしまいました。
皆さまは大丈夫でしょうか?
早く暖かくなってほしいものです。

さて、「君たちはどう生きるか」という、80年も前に書かれた小説の漫画版が今話題となっており、発売から4か月あまりで100万部を超えたそうです。詳細は省きますがその冒頭に書かれているのは、「人間も分子のようなものでちっぽけな存在だ」と気付いた主人公である中学生に、彼の叔父さんが「コペル君」とあだ名をつける場面。
人間は、「天動説」に固執した当時の人々のように、とかく自分中心に考えがちであるなか、勇気をもって「地動説」を唱えたコペルニクスのように、自分を客観視して気付きを得た主人公を評価してのことでした。「天動説的観点」からだけでは真実は見えないのだ、自分や周囲の状況を俯瞰してみる「地動説的観点」が何事においても重要なのだと説くもので、私もその通りと思います。中でも政治という分野では特に大事な要素ではないかと考えます。

「核兵器」は世界中で大きな争点です。
第二次大戦後、お互いの不信感から続く対立の中、核は拡散を続けてきました。今も北朝鮮やアメリカを中心に大きな争点となっておりますが、その根底には「自分は正しい。ゆえに相手が間違っている。」という天動説的な発想がお互いに、そして日本も含めた周辺の関係諸国にも横たわっているのではないでしょうか。
日本は参加しようとしませんが国連では核拡散禁止条約が成立しました。そして昨年末にはICAN(アイキャン)がノーベル平和賞を受賞しました。また中南米では2002年すでにトラテロルコ条約が成立し、中南米は世界初の「非核兵器地帯」となっておりますし、非核兵器地帯はその後も世界で拡がっています。それを成しえたのは根気強い話し合いによって築き上げた「信頼関係」です。それまで仲の悪かったブラジルとアルゼンチンですが、お互いにいつでもお互いの核査察を受け入れるという約束をすることで信頼関係を作りました。

「平和」に必要なのは話し合いです。
話し合わなければ不信感のみがつのります。そして話し合いには物事を俯瞰してみる「地動説的観点」が必要ではないでしょうか。残念ながら今、世界も日本も「〇〇ファースト」という天動説的発想に溢れています。政治とは現実の問題です。イデオロギーだけを振りかざしても問題は解決しません。お互いそれぞれの「天動説」を持ち出せば衝突しかありません。「地動説的観点」を持ち、信頼関係を築いた上での話し合いこそが、問題解決の方法ではないでしょうか。

当然これは、何も政治だけの話ではありません。
国際問題という大きな話だけでなく、ここ杉並の問題にもいえることですし、私たち一人ひとりが抱える人間関係の問題など、すべてにおいて当てはまります。

私も杉並区の「コペル君」となれるよう、しっかりと地動説的観点をもって、バランス感覚を失わないよう気を付けながら、今後も杉並の政治を行っていきたいと思います。

IMG_5544

ご報告させていただきます。

私、川野たかあきは、これまで緑の党や新社会党の推薦をいただきながら、
無所属として2015年に杉並区議会議員とさせていただきました。

しかしこの度2017年12月19日を持ちまして、
立憲民主党に入党を致しました。

「無所属だから応援したのに!」
という方には大変申し訳なく存じます。

しかし、自民党一強という現状を打開し、
国民、都民、区民に対して自民党以外のしっかりとした「別の選択肢」を
作らなければならないという思いから、熟考した結果であります。
どうかご理解いただき、引き続きのご支援をいただければ幸いです。

国政とは自治体政治の集合体という見方ができます。
国の状況が自治体に影響もすれば、その逆もまた然りです。

意外にも、今回都内で民進党出身以外の入党者は私一人だけとのことで、
大変な責任とプレッシャーを感じておりますが、
民進党の延長ではなく新しい党として、
この杉並区からしっかりと、
憲法に立脚した民主主義を訴えていきたいと思います。

今後とも皆様からのご指導、ご鞭撻のほど、
どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_0257

漫才で政府を批判する

THE MANZAI 2017 が昨日放送された。

2013年に同大会にてチャンピオンとなった
ウーマンラッシュアワーが新ネタを披露した。
まずはご覧いただきたい。

凄い。

よくやってくれました。
「お前たちのことだ!」
最後、オチがものすごい。
鳥肌が立った。
 
しかし大丈夫かな?
干されるんじゃないだろか?
いや、すでに干され出したからやけっぱちになっているのか??
こういうことをやりだして干されだしたのか?
今回はじめてなのかな??
 
いずれにしても、
本当によく言ってくれました。
ウーマンラッシュアワー、最高。
今後もガンガンやっていただきたい。
これがフジテレビというのも面白い。
 
「テレビで観たのはこれが最後」
なんてことにならないよう、他の芸能人の皆さんにも頑張っていただきたい。
 
何より皆さんには是非一度ご覧いただきたい。
みんなで応援していきましょう。
 

阿佐谷ジャズストリート2017

先日、阿佐谷ジャズストリート、無事終了いたしました。

http://www.asagayajazzst.com/

 

私も昨年からスタッフとして、そして今年からは実行委員の一人として参加させていただきました。

今年は、そのボランティア数名の有志で、イベント内新企画を立上げました!

「阿佐谷ジャズチュロス」。

スタッフでチュロスを作って販売しちゃおう、というもの。

阿佐ヶ谷地域区民センターの料理室で作り、

AJS3AJS1

阿佐ヶ谷駅前の本部横の広場にて販売しするつもりだったのですが、

保健センターの許可の都合上、

そのまま区民センターでの販売となってしまいまして、

ぶっちゃけ大赤字でした( ;∀;)

企画者の私ともう一人との二人で赤字をかぶることに。。。

 

しかし! 区内の高校生や大学生などにも手伝っていただき、

なかなか好評をいただけました。

本場スペインのチュロスを食べて育ったチリ人男性がうまいうまいと3本オカワリいただいて嬉しかったです(#^.^#)

AJS2AJS4AJS5

この看板は私の手製です。選挙時に使用していたA型看板を再利用。

今年は惨敗でしたが、来年は必ずリベンジします!

みなさま来年はぜひ、阿佐谷ジャズストリートへ!

そして公式スイーツ、「阿佐谷ジャズチュロス」をお試しください!

来年もやれるか未定ですが(;^ω^)

原子力というもの

残念ながら、またしても、

放射線被ばく事故が起きてしまいました。

 

日本原子力研究開発機構という団体の、「大洗研究開発センター」にて、

作業員一人の肺から22,000ベクレルものプルトニウムが検出されるというもの。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/07/worst-internal-exposure-in-japan_n_16980160.html

 

ここは、高速増殖炉「もんじゅ」の燃料開発などを行っていたところで、

これまでもサンザン、核廃棄物質のずさんな管理や不備が指摘されていた団体です。

26年間未開封だった核燃料物質の貯蔵容器を開けたところ、

中のビニール袋が破裂して、粉末状のプルトニウムを四人が大量に吸い込んだというもの。

 

この事故で、「またか!」とこの機構のずさんさを責めるむきもありますが、

そしてもちろんそうなのでしょうが、

そんなことよりなによりも、

誰がやろうと、どんなに気を配ったつもりでいても、

所詮人間がやることなのだから、

原子力には手を出してはいけないということでしょう。

川野が今、思うこと。

今、人々の心や感情、意見というものが「先鋭化」してきているように思います。

いわゆる「右」「左」ということでいえば、どちらもが極論化してきていて、

「真ん中」となる両者の間の部分、

一部重なり合う部分がどんどんと少なくなってきているように感じるのは私だけでしょうか。

 

たとえばアメリカのトランプ大統領の出現。

「メキシコとの国境に壁を築いて金はメキシコに払わせる!」

など公然と差別的な発言をする、いわずと知れた極右的人物ですが、

実はフランスやドイツなどヨーロッパでも右派勢力が台頭してきています。

イギリスはEUから離脱の動きをみせています。

 

海外だけでなくこの日本でも、

差別的・排他的な意見とそれに対抗する意見がたとえばネット上などで

まさしく銃弾のように飛び交っています。

 

実際にこの杉並区でもヘイトスピーチが行われ、カウンターも発生しました。

「どっちか」しかないんです。右か左か。白か黒か。正義か悪か。

果たして世の中って本当にそんなに単純なものでしょうか?

わたしは政治家になってまだ若干2年足らずの新米区議会議員ですが、

この世界に入って今、思うことがあります。

政治とは、私たちの生活の問題、今そこにある現実の問題なのだと。

もちろん私にも理想はあります。

 

「こういう世界で、日本で、東京で、杉並であってほしい」という理想。

しかし議会には、役所には様々な考え方の人たちがいて、

その人達が同じ案件について各々の立場から意見を表明するワケです。

 

もともと意見の違う人たちが、それぞれの理想論をぶつけ合ったところで問題は解決しません。

もし自分が少数派であれば、解決どころかまったく意にそぐわない結果になってしまうでしょう。

大切なことは、「意見の違う人の話も聴く」姿勢ではないでしょうか?

丸呑みするということではありません。

 

相手がなぜ自分と違う意見なのか、その理由から考える。

その根本までキチンと理解する、少なくともその努力をする。

もしかしたら、最終的に思い描くゴールは同じところかもしれません。

 

現実の問題を解決するには、話し合って、理解し尊重し、

どこまでお互いが譲歩できるかの落としどころを見つけていくということが

どうしても必要になってくると思います。

 

右か左か、白か黒か、そのどちらかしかなくなってしまったら、

あとはもう衝突しかありません。

 

そうならないためには、間の部分、

重なり合う部分を大切にしなければならないのではないでしょうか?

 

そのためには「信頼関係」を築くことが重要です。

意見が違っていても、人としての信頼関係を築くことはできます。

そうすれば少なくとも、話し合いのテーブルには着くことができるでしょう。

「そんなことはお前に言われなくたってわかっている」と思われる方、

たくさんいらっしゃると思います。

そう思います。

 

これって、政治だけでなく、どの世界にも共通する当たり前のことですよね。

職場や家族、友人など、どの社会においても基本的なことだと思います。

そんな人間として当たり前に必要なことを忘れずに、

そしてまた一方で「政治の基本は福祉である」という自らの想いも忘れずに、

これからも私たちの生活の問題、

現実の問題である「政治」に取り組んでいきたいと思います。

熊本、南阿蘇村へ 

熊本・大分での大地震からはや3週間。
私、実は両親が鹿児島出身でして、川内原発のすぐそばに親戚も多く住んでます。

「異常がないから稼働を続ける」という政府の異常な判断に驚きとともに
憤りを禁じえません。
たった5年前の事柄からすらも学べない人間が他人のために何ができるのか。

人類というものの意識は決してもう向上することはないのだろうかと、
絶望に似た気持ちにもなってしまいます。

とはいえ、一歩一歩、進んでいくより他ありません。
東京でももう、いつ大きな地震に見舞われるか、本当にわかりません。
GWを利用して、5月2日から5日の3泊4日、
熊本の被災地へ、視察を兼ねたボランティア活動に行ってきました。

私が向かったのはとある自動車会社の体育館を利用している小さな避難所。

車中泊をしなければならないということで、
阿蘇くまもと空港でレンタカーを借りて向かいました。
ちなみに空港も外観は問題ないですが、一部天井が崩れたりしてました。

阿蘇くまもと空港

阿蘇くまもと空港

結局、二日目からはテントを使わせてもらえるようになりましたが
やはり一日だけでもかなりキツかったです、噂の「車中泊」。

車中泊

車中泊は本当につらい。

知り合いが先に現地入りしており、
南阿蘇村を主に支援する、
「南阿蘇よみがえり」というボランティア団体でお世話になりました。

そこでのボランティア活動は大きく2つに分かれます。
避難所で炊き出しなど、被災者の生活を直接様々な形で支援するチームと、
被災地に赴き、全壊・半壊した家屋にて、瓦礫撤去などを行うチーム。

わたくし、議員になる前は役者をやっておりましたが、
食えてなかったので、鳶や解体など建築現場での経験が長く、
当然後者に配属。
作業着を捨ててなくて良かった。

IMG_4521

立野という地域。山などとても美しいのだが。

 

作業内容はさまざまです。
壊れてはいるもののそれ以上家の中のものが濡れないようにブルーシートをかけたり、
家の中の不要物を搬出して近くの仮置き場に運んだり、

南阿蘇の美しい山とゴミの山。

南阿蘇の美しい山とゴミの山。

落ちた瓦やブロックなどの瓦礫を撤去したり、

重いんですよね、瓦って。

重いんですよね、瓦って。

グチャグチャな家の中から貴重品を探し出したり、

こっから貴重品を探すのです。

こっから貴重品を探すのです。

高齢者が多いのでタンスを起こしたり、などなど。

しかし本当に、予想以上の被害状況。
よくこれで無事だったなぁと、感心してしまうほどの有様でした。

IMG_4510 IMG_4449 IMG_4424 IMG_4407 IMG_4418

実際に、作業に立ち会っていただいたあるお父さんが
肋骨を折っていたりしておりました。

しかし被災者のみなさん、とても気丈にされていました。
笑顔で、元気に、明るく、優しく。
逆に私たちボランティアスタッフをいつも気にかけてくださって。

まだまだ人手が足りていない中、一人東京に戻るそのやるせなさ。
今、思い出すだけでも涙が込み上げて来ますが、
6月議会が終わったら、再び訪れようと思っています。

ひとつ驚いたのが、ボランティアに外国の方が多かったことです。
私が確認しただけでも、
アメリカ・フランス・ドイツ・ブラジル・オーストラリア・インド・マレーシアなど、
まさしく多国籍。

素敵な仲間たち。

素敵な仲間たち。

基本的には日本に住んでる人だと思いますが、留学中の学生など、
本当に多くの人たちの善意が眩しくて。
日本人として感謝してもしきれませんね。

辛い状況の中、人の温かさ、素晴らしさに触れることのできた4日間でした。

それぞれ本当に素敵な仲間たち。
いろいろと困難な時代ですが、
このネットワークを広げて、繋がっていくことがとても重要と感じます。

大分のいーちゃんと、東京のサンちゃんと。

大分のいーちゃんと、東京のサンちゃんと。

178の自分より大分デカい、四万十塾のとーるさん。

178の自分より大分デカい、四万十塾のとーるさん。

南阿蘇よみがえり代表のPIKALE(右)と、糸島市議のふじいもん(藤井芳広、左)

南阿蘇よみがえり代表のPIKALE(右)と、糸島市議のふじいもん(藤井芳広、左)

2012山本太郎ボラで一緒だった青山さんと再会!

2012山本太郎ボラで一緒だった青山さんと再会!

 

さて、「現地で必要なものは何か?」よく聞かれます。
ズバリ、お金です。現金。

食材や物資などはある程度届いてます。
野菜や果物は送られてきてますが、
栄養バランスを考えれば肉や魚なども食べたいところ。
生鮮食品はやはり現地で購入するよりありません。

他にも支援のためのガソリン代や、
瓦礫撤去のための資材代など、「南阿蘇よみがえり」ではまだまだお金が足りません。

「〇十字」、など大きなところにお金が集まっても、
私のいた小さな避難所など、なかなか細部まで回って来ません。

どうかみなさま、ご協力のほどよろしくお願いします。

ゆうちょ銀行 普通
口座番号:17130 30663041
口座名:ミナミアソヨミガエリ

予算特別委員会、開会中。

大変ご無沙汰しております。

新年早々、1月の末にインフルエンザ(B型)にかかってしまいました。
ようやく回復に向かいだしたと思ったら夜中に腹痛。
間髪を入れずにノロウイルスに感染してしまいました。

結局2月の半ばまでまったく動けない状態だったわけですが、
その間に一般質問の通告期間が終わってしまい。。。
外出も禁じられていたため調査も何も行えず、質問ができませんでした。
申し訳ございませんでした

今はようやくと体調も戻り始め、
委員会ではマイナンバーについて、
審議会では国保窓口業務の民間委託について、
質問もさせていただきました。

そして現在は予算特別委員会が開会中です。
3月3日には歳入で、再度マイナンバーについて質問をしました。

次の出番は7日の月曜日、午前中。
・公契約条例について
・少子化対策(婚活)について
その次は8日の火曜日、15時半ごろから。
・障がい者の移動支援について
・気候変動問題について
質問をする予定です。

急なご連絡で恐縮ですが、
お時間ある方は是非とも傍聴にいらしていただければと思います。

よろしくお願いします。

川野たかあき

川野たかあき新年初顔合わせ(新年会)

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
皆様のおかげで昨年、なんとか当選し、
杉並区議会議員となって初めての年越しを経験いたしました。

噂には聞いておりましたが、
やはり忘年会や新年会など、なかなかにタフなスケジュールに
てんてこ舞いです(*_*;

まだまだ不慣れなことが多く至らぬ点ばかりですが、
どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、そんな中、2月に始まる第四回定例会を前にして、
仲間が川野の新年会を企画してくださいました!

 

新年に向けた川野の区政報告ニュース(Kawano Times)の
最新号も、それも是非みなさまにお手に取っていただきたいと思います。

あまり日がなくて恐縮ですが、詳細は以下の通りです。
特にかたっ苦しいことはありません!

 

ぜひぜひ、みなさんと新春初顔合わせをさせていただきたく、
ご参加よろしくお願い申し上げます!

__________________
☆★川野たかあき区議を囲んで――
2016年初顔合わせ(新年会)のご案内です。☆★

2016年がスタートをきって、1ヶ月が過ぎようとしています。
ご挨拶が遅くなりましたが、昨年は大変お世話になりました。
今年もどうかよろしくお願いします。

今年も激動の1年になりそうです。
食事をしながら、昨年を振り返って..とか、2016年に向けてとか…
嘆いたり、抱負を語ったり..川野区議を囲んで、なんでもありの
新年会を、下記の通り企画しました。

川野区議の新しいニュースもできました。
それも、みなさんにお渡したいと思います。

*    *    *
■日時 ⇒ 2016年1月30日 午後4時30分~
■場所 ⇒ 西荻 かがやき亭 (℡・5303-5085)
・西荻北4-4-4 三益ビル<JR西荻駅北口 徒歩6分>

■参加費⇒ 2000円(食事つき、バイキング形式)
(飲み物たくさん飲む方は+α、持ち込み大歓迎!)
☆——————————————————-☆
呼びかけ人:小島政男(090-9975-9356)
東本久子(090-1859-6656)

マイナンバー

先週の土曜日、

「共通番号いらないネット」の代表世話人、
白石孝さんをお招きして、
マイナンバー学習会@荻窪タウンセブンを
開催致しました。
(私の所属する杉並区議会会派「いのち・平和クラブ」主催)

マイナンバー学習会7

マイナンバー学習会6

 

とりあえず2019年までに、
マイナンバーカードにキャッシュカード、
クレジットカード、ポイントカード、診察券の機能を持たせる。
と国は言っているそうです(>_<)

 

今、区議会でもマイナンバーを進めるための
さまざまな議案が出されて来ています。

我が会派も反対するものの、多勢に無勢という状況。
杉並区は国に逆らってマイナンバーを延期するなどはしてくれません。

そうなってくると、
あとはみなさん個々に対応していただくよりありません。
それぞれが反対の意思表示をするよりありません。

じゃぁ一体どーすりゃいいの?

みなさん、実際に通知カードが送られてきたり、
職場から番号提示を求められたりと、
具体的にどーすればいいのか?
という質疑が大いに盛り上がりました。

マイナンバー学習会3

その際のツイキャス録画がございますので、
全部で2時間半にもなりますが、飛ばし飛ばしでも、
ご興味ある方は是非ご覧ください。

勉強になります。

① http://twitcasting.tv/mkawa7/movie/221746515
② http://twitcasting.tv/mkawa7/movie/221760024
③ http://twitcasting.tv/mkawa7/movie/221764997
④ http://twitcasting.tv/mkawa7/movie/221771998