選挙な日々がようやく一段落

また1つの選挙が終わりました。
2019年夏の参議院選挙。

4月の自分の選挙からほとんど切れ目のない選挙な日々が、ようやくひと段落、なのか。

お陰様で立憲民主党は議席を増やすことができました。
東京選挙区では2人が立候補。

私が選対メンバーとして担当させていただいた塩村あやかさんは無事当選。

各地域の総支部長、自治体議員、ボランティア、
その他少しでも選挙に関わっていただいた皆さま、
選対メンバーとしてご無理を言うこともありましたが、
本当にありがとうございました。

しかし、スッキリ清々しい気分にどうしてもなれない。
山岸一生さん。

選挙後の山岸一生新聞。

本当に惜しかった。
通って欲しかった。

少ない人的資源を振り分けての総力戦であったので、
彼の選挙にほとんど関わることが出来ず、
残念であり、もう少し何かできなかったかと、悔やまれてならない。

しかし、本人はまた次、さらに逞しく立ち上がってくれるだろう。
必ず。

あらためていろいろと考えさせられる選挙でした。
自らも見つめなおしながら。

目指す社会を実現するため、
一歩ずつ、
1つずつ、
想いを同じくする皆さんと文字通り一緒に頑張っていきたいと、あらためて思う梅雨の夜。