福島の子ども保養プロジェクト2019(8回目)

今年も皆様のおかげで実施することができました!
 
「福島の子ども保養プロジェクト・杉並の会」
 
今回で8回目となりました。
私は6回目の参加。
当時は36歳。
 
どーりで体が動かなくなってくるワケですよね。。。
 
当初は自らガンガンと最前線で走り回り、
ほとんどの時間を直接子どもたちと遊びまわる役をやっていたのですが。。
 
今では人員手配士として、まるで中間管理職のような位置づけ。
 
しかしそれもこれも、毎年参加してくれる若手スタッフのおかげ!
今年は最多かも知れない、大学生が7名も参加してくれました!
 
おかげでこちらは肝試しや宝さがし、キャンプファイアーに花火など、
次から次へとこなさなければならないイベントを十分に計画・準備する時間が持てました。
ほんと助かる。。ありがたい( ;∀;)

他にも流しそうめんやカレー・ピザ・パン作り、スイカ割り、
富士登山に水遊びなど、多くの企画を4泊5日に盛り込んでますが、
若手と、阿吽の呼吸で役割分担ができるようになったベテランスタッフ
とのチームワークが見事に機能し、実に充実した回になったかと思います。

原発の事故処理の見通しがいまだまったく立っていないなか、
忘れ去られようとしているなか、
むしろなかったことにされようとしているなか、
それでも多くのお父さんお母さんが参加を希望してくれて。
 
まだまだ続けていく必要があるということを、
直接お母さんたちの声を聞いていると確信します。
 
本当に皆様からのご寄付で成り立っていますこの会。
今後ともご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げますm(__)m