はじめての一般質問

みなさま

いつもお世話になっております。
選挙後からいままでも怒涛のような日々で、
部屋がゴミ屋敷となりつつある川野です。

さて、6月1日には、わたくしはじめての一般質問を致しました。
その様子が杉並区のHPにアップされておりますので、
是非ともご覧いただければと思います。

http://www.gikai.city.suginami.tokyo.jp/vod/vodtop.htm

上記リンクのページに、
「録画放送(速報版)」というのがあります。
6月1日分の、36分30秒ごろから始まります。
再質問のやりとりまで入れて、約30分強でしょうか。

ちなみに反省点としては、再質問でもっといろいろ突っ込めるところが
あったなぁ、と、自ら観返してみて思いました。

やっぱり緊張してまして、
区の答弁をすべて冷静に把握しきれてなかったのが悔やまれます。
次に活かしたいです。

ではまた

川野たかあき

会派結成のご報告と、はじめての一般質問、のお知らせ。

当選のご報告をさせていただいてからちょうど一月経ちました。
ご無沙汰しており恐縮です。

さて、遅ればせながら、お知らせが2つあります。

➀ 会派を結成致しました!

わたくし川野たかあきは、他5名の杉並区議会議員と、

「それぞれ細かな主義主張の違いはあれど、『脱原発』、『反戦』といった大きな
枠組みの中で一致できる議員で、好戦的な勢力に対抗するための」、
会派を結成致しました。

その名も、
「いのち・平和クラブ」 です!

メンバーは、

東京生活者ネットワークから、そね文子さん(2期目)、奥田雅子さん(新人)。
無所属区民派から、けしば誠一さん(7期目)、新城せつこさん(5期目)。
社民党から、市来とも子さん(2期目)。
そして無所属(緑の党推薦)のわたくし、川野たかあき(新人)の計6名となっております。

まぁいろいろと周囲にご心配、ご迷惑をおかけしながらも、
新しい会派のカタチを模索、提案しながらやっていきたいと思っております。

ちなみに川野は、
常任委員会の方は「区民生活委員会」、
特別委員会は「議会改革特別委員会」、
そして「情報公開・個人情報保護審議会」に入りました。

頑張ります!

➁「はじめての一般質問」、やります!

明日、5月28日から、わたしにとって初の本会議、
H27年第2回杉並区議会定例会が始まります!

まずは各議員からの「一般質問」というものから行われます。
これは要するに、
「議員が理事者(区長など行政側)に対してなんでも質問していいですよー」
というもの。

必ず全議員がやるというものではなく、希望者のみ。
一人当たり30分までという制限時間(理事者からの答弁の時間は除く)があります。

わたくし川野も手を挙げました。
出番は6月1日の10:30~11:00の間に始まるものと思われます。
(その日の2番手で、前の議員がどれくらいかかるのかによる)

内容は、「区立施設再編計画について」です!
中でも特に、「杉一小の複合化について」にスポットを当てて行きます。

区外の方には何のことやら、かも知れませんが、
実はこれは「福祉」というものをどう捉えるか、
という非常に重要な問題だと考えてます。

月曜日ですが、お時間ある方、ぜひぜひ、傍聴にいらしてくださいませ!

以上、2点のお知らせでした!

今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたしますm(__)m

IMG_2622

ちなみに写真は、「議員力をつける!」という、
緑の党主催の新人議員研修会に参加した時のものです。
勉強になりましたー(^O^)/

ありがとうございました!

みなさまにご報告させていただきます。

本日開票の結果、
48人中43位、2,231票を頂戴致しまして、
なんとか当選させていただきました。

杉並区のHP
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/…/sen…/kugi2015/elec2.asp

昨年の補欠選挙から、
本当に幾人もの方々にお世話になってまいりました。

感謝してもしきれません。

特に、補選が終わってからは、
とにかくがむしゃらに、時には疎まれながらも、
杉並という地域に入り込んで行くことを考えて行動してきました。

そして今回、最終的には
地元杉並区の市民活動家のみなさんからの本当に献身的な
ご支援とご協力を得れたことが、
今回の結果につながったと思っています。

Think global, act locally.

国を変えるにはまず自治体から。

演説でも訴えていたこのことを念頭に、
これまでにあまり見られなかった横の連携なども
より意識して、活動を続けていきたいと思います。

当選は単なる入口です。
ここからがスタート。

どうかこれからも川野たかあきをお支えいただきたいと思います。

また同時に、議員一人ではおそらく大したことはできません。

今後も是非一緒に戦っていっていただければと思います。

本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

IMG_2503

川野たかあき

選挙期間中の主な街宣予定!(後半)

川野たかあきの、選挙期間中の主な街宣予定(後半)です!

告示日の19日、
17時に宇都宮けんじさん、
18時に山本太郎さん、
応援に駆け付けていただきました!

11158069_450998021723643_1691340280_n 17385_682700378524530_7869170405649340219_n 11150310_822982387776867_488542950063190080_n

おかげさまで大盛況でした。
その模様はどうぞこちらから。

①川野たかあき+宇都宮けんじ
http://moi.st/9a58e20
②川野たかあき+宇都宮けんじ
http://moi.st/9a5cdf5
③川野たかあき+山本太郎
http://moi.st/9a5ec95
さて、後半はこんな感じのつもりです。

(変更の可能性おおいにあり!
詳細はツイッター@kawano1976をチェックプリーズ!)

4/22(水)
07:00~09:00 高円寺南口
12:00~13:00 新高円寺
18:00~20:00 高円寺南口

4/23(木)
07:00~09:00 阿佐ヶ谷北口
12:00~13:00 阿佐ヶ谷南口
18:00~20:00 阿佐ヶ谷北口

4/24(金)
07:00~09:00 南阿佐ヶ谷
12:00~13:00 方南町
18:00~20:00 荻窪南口

4/25(土)
07:00~09:00 西荻窪北口
12:00~    荻窪北口 と南口を行ったり来たり

よろしくお願いします!

最後のポスティング大会!

みなさま

いつも本当にお世話になっております。
みなさまのおかげでどうにかここまでやってくることができました。

いよいよ詰めの時期となりました。
投票日まであと10日。

統一地方選、前半組の投票率は厳しいものがありましたね。
ここからまた、フンドシ締め直さなければなりません。

IMG_2441

もう少しです。

もう少しだけ、どうか川野と一緒に戦ってやって下さい。
(もちろん選挙が終わっても戦いは続きますが!)

本番前、そして本番初日に関しての、最後のお願いをさせていただきます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
18日(土)、最後のポスティング大会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

残念ながらチラシがまだ大分余ってしまっております。
まだ、配布できてない地域もちょっと。。

告示日前日のこの日18日、
なんとかみなさまのお力をお貸しください!

最後のポスティングをお願いしたいと思います!

13:00~阿佐ヶ谷事務所集合

(杉並区阿佐谷南3-3-32 劇団展望 気付 川野たかあき選挙事務所)
TEL・FAX:03-3220-8713
http://kawano-ga-yarimasu.com/contact/

何卒、よろしくお願いしますm(__)m

川野たかあき

受験生との邂逅 

今朝は、浜田山駅にて朝のご挨拶の予定でした。

いつもはマイクを握って、
控えめの音量で演説させていただくのですが、
今日はなんだかチラシ配りに徹してみようかなと、
ふと思ったのです。

「おはようございます!いってらっしゃいませ!」
と挨拶をしながらチラシを差し出すという要領。

配り始めてすぐ、
駅に立って誰かを待っているような人が多くいることに気付きました。

どうやら塾の先生たちのようでした。

そう、今は受験シーズンなんですね。

中学生が駅に来ると、「頑張れよ!」と
先生が生徒を力強い応援の声で送り出す。

そんな光景を何度か目にしながら、
チラシ配りに励んでおりました。

30分ほどしたころだったでしょうか。
ひとりの学生が話しかけてきました。

「すいません。。受験票忘れちゃったんで家に電話したいんですけど、
携帯貸してもらえませんか?」

だいぶ動揺している様子で、
身体が小刻みに震えているのが見て取れました。

すぐに携帯を渡すと彼は、
おそらく母親でしょう。

「受験票忘れた! オレのベッドの上にある! 駅で待ってるから持ってきて!」

と慌てた口調で、しかししっかりと要件を伝え、電話を僕に返してきました。

しかしまだ落ち着かない様子。
放っておけない上に、かなり心配になった僕は、
いくつか彼に確認してみることにしました。

僕 「時間、間に合うの?」

彼 「間に合わないですけど、大丈夫です。なんとかなります」

だいぶ実力には自信があるようだ。

僕 「そっか。第何志望?」

彼 「第一です。てゆーかここしか受けません」

おいおいおいおい。ホントに大丈夫なんかいな?

僕 「お母さん、どれくらいで来るの?」

彼 「40分くらいですね。」

僕 「え!?」

彼 「三鷹からなんで」

だんだんと事態が飲み込めてきました。
僕はてっきり、彼は浜田山駅近辺に住んでいるものだと
思い込んでいたのですが、
そうではなく、浜田山駅は学校の最寄り駅だったのです。

とそこへ、彼のお友達らしき女子中学生が、駅から出てきました。

彼は彼女に事情を説明。
彼女は当然、
「えっ!? どうすんの?」
ととても心配な様子。

僕は彼女も同じ学校を受験することを確認すると、
受験票をみせてもらいました。

案の定、学校の連絡先が書いてあったので、彼に、

「先に学校に行って事情を説明して、テストを受けさせてもらいなよ!
あとでお母さんが受験票持ってくるからって言って。」

と提案し、彼に学校に電話させました。

学校側も了承してくれたようで、
その後彼は母親に、直接学校に持ってくるよう電話し、
2人仲良く決戦に向かいました。

そのころには彼の震えも収まっていました。

その後彼は無事にテストを受けれたのか、
そもそも受かるだろうか、

まるで身内みたいに心配になってしまいましたが、
僕が気にしたところでどうにもなりません。

気を取り直してチラシ配りを続けました。

彼には是非とも合格してもらいたいと思います。

受験生のみなさん、頑張ってね! 

地元杉並区民からの応援メッセージ!

新たに「応援の声」をいただきました!

元NHKプロデューサーの永田浩三さん、
そして緑の党共同代表の長谷川羽衣子さん。

さらに、
地元杉並区民からの応援メッセージが届きました!

ありがとうございます!

なんだかいろいろと思い悩む自分の背中を
「それでいいんだ」と押していただけるようで、
著名人からのとはまた別に、
大変うれしく思います。

http://kawano-ga-yarimasu.com/voice/

 

写真は関係ないですけど、
阿佐ヶ谷駅北口での朝の街宣時です。

IMG_2244

実は、そこでいつも顔を合わせて応援してくれていた警備員さんが、
転職するので今月いっぱいでいなくなってしまうそうです(/_;)

寂しいですが、「お給料も上がっていい職場がみつかった!」
とおっしゃっているので、ご本人にはいいお話しで良かったですよね。

記念に一緒に写真撮ってください、とお願いしたのですが、
恥ずかしいからと断られてしまいました。

なので仕方なく一人でのショットと相成りました。

ほんと寒い日が続いてますが、
みなさんも体調にはお気をつけて、お互い頑張りましょう!

川野たかあき第一回サポーター会議ぃぃ!

こんにちは! みなさまにお知らせです!

 

主に杉並区内で普段から、

そして長い間様々な住民活動を続けて来られた有志のみなさんが、
「川野も頑張っているようだからちょっとは応援してやろうか」
ということで、以下のようなミーティングを開いていただけることになりました!

誠に有難き幸せでございますm(__)m

つきましては、

これまですでに応援してくださっていた皆様にも、

そうでもないけどこれから考えてやらんこともないという皆様にも、

 

当然ながら是非ともご参加いただきまして、

新生川野選対を、川野選対2015を、

共にに立ち上げていただければと思っております。

 

モットーは、

「明るく、楽しく、無理をせず」。
大して応援する気がなくてもOK!

冷やかし大歓迎です!

 

豆まきの日なので、

なんなら川野に、

豆と一緒に日頃のうっぷんをぶつけに来て下さい!
詳細は以下です。

特に予約は必要ありません。

もちろん、杉並区に限りません。

奮ってご参加いただきますよう、

よろしくお願い申し上げますm(__)m

●○・————————————————・○●
川野たかあきさんを
杉並区議会に送るための第1回サポーター会議
●○・————————————————・○●

4月26日(日)に予定されている統一地方選挙まで後3ヶ月少しとなりました。
「戦争する国」を目指して暴走し続けている安倍政権にNO!の声を地域からあげていくためには、地方議会の民主化が必要不可欠です。

そのために1人でも多くの市民派と言われる議員を杉並区議会に送り込みたいと考えています。
私たちは、「福島子ども保養・杉並の会」「NOWAR杉並」などの活動に参加し、
ともに汗をかいてくれている川野たかあきさんを応援することにしました。

つきましては、川野たかあきさんを応援する第1回サポーター会議を、下記のとおりおこないます。
みなさん! ぜひぜひお力添えを、よろしくお願いします。
ご参加お待ちしています。

*      *     *
★日時⇒2月3日(火)午後7時~9時
★場所⇒杉並区立産業商工会館 1階展示室
<JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩5分>
※会場は「憲法ひろば・杉並」でとっています。
☆内容⇒どんな選挙戦にしていくのか?どんなサポート体制が
必要なのか…などなどの意見交換
呼びかけ人:小島政男 東本久子
■連絡先:090-1859-6656(トウモト)

成人式!!

昨日は杉並区でも成人式が行われました!

青梅街道沿いの杉並公会堂にて、
午前と午後の計2回に分けて。

IMG_2199

 

二十歳といえば選挙権!

わたしはホワイトボードを手に新成人に、

「もしアナタが区長だったら、何をしますか?」

というアンケートを頂戴しに乗り込んでまいりました!

IMG_2200

IMG_2201

応えてくれた新成人は、

12組22人(女性14人、男性8人)。

全回答は以下の通り。

 

・子どもたちにバスケットボールをさせたい!(女性)

・道をひろくする。(女性)

・駅前にカフェを作る。(女性)

・美術的な建物を建てる。(男性)

・蛇口からコーラ!(男性)

・歩道橋増やして!(女性)

・TSUTAYAの品揃え増やして!(女性)

・大学の1限を失くす!(女性)

・バス代無料。(女性)

・休日を増やす。(女性)

・街灯の明るさを戻す。(女性)

・医療費を安く!(女性)

・商店街の活性化!(女性)

・世界平和。(男性)

・月一のサプライズ街頭ミュージカルショー!(フラッシュモブのことみたいです。女性)

・大きな美術館を建てる。(男性)

・中国との平和。(男性)

・区長に全権力を集中させておく。(男性)

・天パ禁止令。(友人をイジッた発言ですね。男性)

・20歳だけでなく、30歳、40歳の時にもセレモニーを!(女性)

・ネギ嫌いな人に無理やり食べさせる。(実際にネギ持ってました。男性)

IMG_2203

 

今回は、こちらでもっと細かな設問を用意して

シール投票にするという案もあったのですが、

それよりも、新成人の口から直接どんな言葉が出てくるのかを知りたかったので、

あえて上記のような曖昧な質問にしてみました。

 

本当はもっと大勢の新成人に話かけたかったのですが、

杉並区、なんだかやたらと警備が厳重でして

(パッとみただけでも警備員と警官合わせて10人ほど)、

一歩会場の敷地内に足を踏み入れただけで注意され、

挙句には敷地外でも周辺から追い出されてしまいました(>_<)

IMG_2191

 

まぁ、会場もその周辺の歩道もとても狭く、

混雑回避のため仕方ないかなとは思いましたが。

 

みなさんはこの回答をどうみるでしょうか?

わたしは、思ったよりも真面目な回答が多かったかなと感じました。

「4月には是非初めての投票を!」

との声にもみんな概ね、

「そーですね、行きます!」

と答えてくれました。

 

そんな若者たちのためにも、

あらためて政治というものにより全力で、

より真摯に体当たりをカマして行こうとフンドシを締め直した一日でした。

 

 

消費税って何のために上げたんだっけ!?

今日、杉並区の介護施設の見学に行ってきました。

 

高齢者在宅サービスセンター 「桃三ふれあいの家」。

http://www.h6.dion.ne.jp/~momo3/

 

ちょうどお正月ウイークということで、

お食事前にお屠蘇なんぞをご一緒させていただきました。

IMG_2165

 

今、介護報酬の引き下げが検討されてます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150108/t10014539331000.html

 

この施設では、このまま引き下げとなると、

年間約500万円ほどの減収となり運営が成り立たなくなる、とのこと。

 

政府は、

「高齢者の増加による介護費用増加を抑制するため」

としていますが、

それにより介護施設の存続そのものを危ぶめていたのでは、

さましく本末転倒ではないでしょうか?

 

そもそも「消費税増税は社会福祉のため」って言ってませんでしたっけ安倍さん?

 

衆院選が終わったらもうすぐに、

他にも「配偶者控除を廃止」とか言い出すし、

www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/154751

 

本当に次から次へと格差を生み出す、弱者切り捨て政策が進められています。

 

国がお金を出さない以上、

自治体でその分を補填するよりないと思います。

 

子ども、若者、高齢者、障がい者、

すべての世代が、
それこそゆりかごから墓場まで安心して一生を過ごせる街を目指して、

わたくし川野は杉並区政への挑戦を続けていきます。