「美味しんぼ」騒動に想うこと。

「美味しんぼ」騒動で、原発問題があらためて取り沙汰されていますね。
それだけでも、出版社や作者の功績は素晴らしいと思います。

つい先日ですが、
いきつけのBarにて、とある女性と「原発論争」になりました。

その方はシングルマザーでこちらに住んでおり、
お母さんの実家は南相馬で現在も住んでいるとのこと。

そしてその方が言うには「原発は必要だ」とのこと。
「危ないかも知れないけど必要だ」と。
実家が大変な目に遭っているのに、そう言うのです。

特に明確な理由があるワケではないんです。
ただなんとなくよく聞く、
「経済的に必要だから」とか。
「電気が足りなくなるでしょう」とか。

当然のように、
現在原発は一基も動いていないことなどを伝えても聞く耳持たず。

経済的な理由に対してはいつものように、
そういう問題ではないことを伝えます。

もし仮に原発を動かした方が経済的メリットがあったとしても、
なにしろとにかく小難しい話は抜きにして、
危ないんだから原発なんて止めようよ、と。

しかし彼女は、お酒のせいもあり、
より頑なに、というかもう感情的に「原発必要」発言を繰り返すのみ。

ボクも止めとけばよかったのですが、
一児の親でありながら、また被災者の家族でありながら、
なぜそうなのか、と少し感情的になってしまい。

最後は向こうから話題を変え、その後は仲良く飲みましたが。

翌日、彼女から、
「どうしても認めたくないから感情的になってしまって申し訳ない。
どっちが正しいかなんて本当はわかっている。ごめんなさい。」
という趣旨のメール。

彼女から言わせれば、
子どもを持つ母親だからこそ、
被災者の家族だからこそ、
認めたくない、認められない、譲れない強い想いがあったのだろうと。

ボクも反省をしながら、そして思いました。

「美味しんぼ」に大きく反応する福島の方々も、
「風評被害」と叫ぶ方々も、やはり同じような感情なのだろう、と。

認めてしまったら、
そこに住めなくなってしまう。
子どもを育てられなくなってしまう。
生活できなくなってしまう。

今までの自分たちの苦しみや悲しみ、
犠牲にしてきたことはいったい何だったのだろうか、と。
もうそれは理屈ではない部分。

「現実逃避」と一言で片づけてしまうことは容易いけれど、
やはり当事者であるが故の強い想いがあるのだと思います。

一方では早々に自主避難する方もいて、
そんな人たちを非難する方もいて。

やはりそんな状況を産んでしまっているのは今の政府。

しっかりとはっきりと、責任を持って事実を明らかにし
誠実に対応する姿勢、それが事故後一貫して、ない。

もしかしたら政府自体が壮大な「現実逃避」をしているとも取れるこの状況。

そんな状況を変えるために自分に何ができるのか、
歯痒さを感じながらも、
まずは目の前のことにしっかり向き合おうとあらためて思う、
決選までおよそ一月となった夜。

「杉並は暮らしやすいですか?」Vol.2

先週の金曜日、前回と同じく表題の質問でシール投票を行ってきました@高円寺駅北口広場。

IMG_0586

皆さんお気付きかも知れませんが実はこの質問、あまりに漠然としすぎていて、

聞いてみてもなかなか会話を発展させにくい、

ということは前回やって自分でもわかっておりました。

 

「いいえ」だったら「何が不満ですか?」となるのですが、

「はい」だと、「何がイイですか?」と聞いてもほとんどが「うーん、なんとなく」という回答。

 

しかし、前回の結果(http://kawano-ga-yarimasu.com/blog/212/)に対して

「みんなお酒飲んでたからノリで答えてたダケなんではなかろうか?」

という疑念を抱いていたボクは、どうしてももう一度、シラフな杉並区民に聞いてみたかったのです。

 

ところが結果はご覧のとおり。

むしろ「いいえ」なんて一人もいませんでした。

「はい」と答えてくれた人に「何が?」と聞いてみると、

「物価が安い」という人が何人かいらっしゃいました。

みなさんどう思われますでしょうか?

正直ボクはあまり感じたことはなかったんですが、実際どうなんでしょうかね?

 

いずれにしてもあまり不満は感じていないというのは事実のようです。

それはそれでいいことのようにも思えますが、

実際に会話をしていた感じでは、

「特に考えたこともない」というのが正直なところなのではないかなぁ、と。

 

ご興味ある方はツイキャス動画もございます。

「シール投票@高円寺」ツイキャス録画
http://twitcasting.tv/kawanospt/movie/61634139
http://twitcasting.tv/kawanospt/movie/61637364

 

次回やるときは、質問を変えようと思います。

もっと具体的な問題を挙げて。

 

ではまた、明日から皆さんお仕事頑張って下さい。

お休みなさい。

 

 

 

1メートル1億円の道路!

先日、東京都が杉並区の住民に対して行う

「外環自動車道(いわゆる外環)」の説明会に行って来ました。

会は冒頭からヒートアップ。

 

都は住民の質問にまともに答えようという姿勢を見せず、

終始のらりくらりと、

口八丁手八丁。

このままズルズルなぁなぁで丸め込もう、

そんな風にしか見えない態度。

まるで小説やドラマの様でした。

 

IMG_0496

 

1兆3000億円も投入されようとしているんです。

オリンピックが決まってか、急に動き出した感もある今回の外環の延長計画。

それが杉並区も通る、と。

 

環八の渋滞緩和が目的とされてるんですが、

環八の交通量は実際すでに減少しています。

 

それに今後の人口減を考えればさらに交通量は減っていくだろう、と。

それなのに大深度地下道路だけでなく、

立ち退き強制してまでも、なんと地上部にも道路建設!

 

これ、もともとの計画は、地上部に高速道路という話だったんです。

なので高架下には側道ができる予定でした。

みなさんよく見かける、中央道と甲州街道とか、あのパターン。

すでにある外環もそうなってますね。

 

しかし、途中で計画は変更となり、

「大泉から南は地下に潜らせてしまおう」

となりました。

 

本道が地下を通るなら、地上部の側道なんて必要ないですよね?

小学生でもわかる話だと思います。

それなのに! それなのにですよ。

なんと本道は地下に潜っても、地上部の側道はやはり建設する、

と都は主張しているワケなんです。

特に納得のいく理由なんかありません。

 

そんなもん、ムダな投資、ゼネコンの仕事確保のための道路建設なのではないかと

勘ぐられても仕方がないと思いませんか?

 

だいたい地下の本道だって冒頭申し上げた通り、

本来必要ないんです。

大規模な地下トンネルの建設によって、

善福寺川周辺の地下水環境など、

環境への多大な影響も懸念されてます。

 

1メートル作るのに1億円の道路。

これを税金のムダ遣いと言わずして何といいましょうか。

是非とも見直してもらいたい案件です。

 

 

朝のご挨拶

4月頭から、平日朝に杉並区内の各線・各駅にて
「朝のご挨拶とお見送り」を、
余計なお世話ながらやらせていただいてます。

「おはようございます!いってらっしゃい!」
の声掛けとともに、自らのチラシを配る、というものです。
こんな感じ。

IMG_0504

けっこう、駅によって反応にちがいがありますね。

先日行った浜田山駅が一番反応が良かったです。
2時間弱でチラシを120~130枚ほどもらっていただきました。
他は、平均70~80枚なんです。
やってて気分良かったです。

それと、どの駅でも少なくとも一人はオジサンが自ら寄っていらっしゃって
詳しく話を聞いてくれます。
「おう、またやってるのか」
なんてお声をかけられるとうれしくなりますね!

GW中も、暦通りにお邪魔致します!

28日(月)、荻窪駅南口
30日(水)、高井戸駅
1日(木)、久我山駅北口
2日(金)、井荻駅南口
7:30~9:00です。
※予定は急遽変更となる可能性があります。

よろしくお願いします!

応援してもらってます!

HPに、新たに「応援店舗」というページができました!

http://kawano-ga-yarimasu.com/shop/

川野が通っている飲み屋や、日頃お世話になっているお店の方々。

川野のポスターを貼ってくださったり、
チラシを置いてくださったりというお店をご紹介してます。

まだ4店舗ですが、
まだまだ当ては(ちょっと失礼か)ありますのでもっと増やして、
「高円寺ウォーカー」みたいにできたらいいですねー。

みなさんもお勧めのお店などあったら是非教えてください!

よろしくお願いしまーす!

「川島昭恵さん語りの会」

今日はとっても素敵な朗読を聴いてきました!

川島昭恵さん。

重度の視覚障害を持たれていながらもプロの「語り部」としてご活躍されている方。

川島昭恵さん20140415

詳しくはこちら。

http://www.kouenirai.com/profile/388.htm

 

失礼ながら、川島さんを存じ上げておりませんでした。

「すぎなみ若竹会」という、

知的障害のある子を持つ親が中心となる障がい者支援を目的とした団体の総会にお邪魔してきたのです。

そこでの催し物がタイトル。

 

お話しを始められたのですが、よく見ると持っている台本が真っ白。

点字の台本だったんですね。

はじめてみました。

 

最初そうとは気づかないほどの朗々とした語り口。

キャラクターを演じ分ける際の淀みないお芝居の切り替え。

8年間役者をやって来た自分も舌を巻く瞬発力と表現力。

 

今日は2つのお話しを聴かせてくださいましたが、その一つが「少年と子ダヌキ」というもの。

ボクなりに簡単にいうと、

「子ダヌキが女の子に化けて少年と仲良くなるが、変化が解けてバレてしまう。それでも2人は変わらず仲良くしていた」、というお話。

 

「わたしはこのお話しが大好きなんです。一度わかり合ってしまえば相手がタヌキだろうがなんだろうが関係ないってことを作者はおっしゃってるんだと思うんです。」

と川島さん。

 

ボクもこの話が好きになりました。

たとえ国が違っても、人種が違っても、宗教が違っても、障がい者でも、子どもでも、大人でも、男性でも女性でも。

そういうお話しだと理解して。

 

一緒に写真まで撮っていただき、

「今度朗読で共演させてください!」と冗談半分の発言にも「是非是非!」と

快く応えてくださって。

 

予期せぬ、素敵なひと時でした。

 

「杉並区は暮らしやすいか?」

シール投票@善福寺川

先日、杉並区の善福寺川公園にて、
お花見を楽しんでいる皆様に突撃インタビューのシール投票を敢行してまいりました。

質問は表題の通り、
「杉並区は暮らしやすいか?」
Yes or No or どちらとも言えない。

結果は、
Yes 38, No 1, どちらとも言えない 2

Yesの理由はほとんどは、
「交通の便がよい」
「飲み屋が多い」
「緑が多い」
といったところ。

確かに交通の便はいいよね。
電車でも新宿や渋谷がすぐだし、車でも環八やら青梅街道やら、と。

しかし例えばお子様連れのグループなどに、
待機児童問題や、施設再編によって児童館が縮小される、
などの話しをすると、
「それはまずい!」とか、「知らなかった!」とか。

正直なところ、僕としては今現在杉並が「暮らしやすい!」
と手放しにはやはり言えない。
子どもを産んで育てる、ということを考えたときに、
安心できるのかどうか。
子育てのためにお母さんが仕事を辞めなければならない、
という状況が実際に多発しているワケですから。

果たしてこの結果が、杉並の一般的な回答なのか、
みなさんお酒が入ってノリが良かっただけなのかw、
今後また違う場所、違うシチュエーションで
ドンドン試していきたいと思います。

また設問も、他に何かいいのがないかも考えています。
みなさま何か良いアイデアがあれば教えて下さい!
よろしくお願いします!

ではまた。

はじめまして、川野たかあきです。

私の住んでいる杉並区では、今年の6月に、

杉並区長選挙と杉並区議会議員補欠選挙が同時に行われます。

私、川野たかあきは、杉並区政にチャレンジすることを決意致しました。

 

私はこれまで俳優をやってきました。

ロクに売れておらずアルバイトでギリギリの生活をしていても、

まったく苦痛には感じていませんでした。

 

しかし、3.11がありました。

 

ヘリから水を撒く映像をみたり、

子どもたちが甲状腺がんに侵されていく様子を聞いたりするうちに、

「この国は本当にこのままでいいのだろうか?」

ひいては、

「自分はこのままでいいのだろうか?」

と考えるようになりました。

 

そんな折、俳優活動の中で山本太郎さんと出会います。

 

「自分さえ楽しければそれでヨシ」

とはもう思えなくなりました。

 

それからさまざまな市民活動や、選挙運動に関わるようになりました。

たまの休日や平日の夜など、

可能な限りの時間を運動・活動に費やす多くの人々に出会いました。

そして自分には何ができるのか、ずーっと考えてきました。

 

その結論が、今回の決意です。

 

比較的自由がきく自分にできることは、

みんなの代表になることだ。

みんなの声を必要なところに届けることだ。

そう、思いました。

 

今を生きる子どもたちのために、

未来を生きる子どもたちのために、

私は私にできることを少しでも多くやっていきたいと思います。

ギャラリー

様々な活動をしている川野たかあきの写真をアップしました。

「困っている」を見捨てない。

政治を志すきっかけは、3.11と山本太郎さん

3.11福島原発事故の放射能汚染で子どもたちはどうなってしまうのか、日本の政治はこのままでよいのか、なんとかしたいという思いを強くしていた2012年、俳優だった私は、脱原発運動に身を投じていた山本太郎さんと出会います。世の中を変えるためには犠牲を恐れず何でもやるという太郎さんと、それを支えるボランティアの方々の姿勢に感銘を受けました。
誰かに政治を任せていてはいけないと決意し、太郎さんの衆議院選挙スタッフを担いました。

困っている人を見捨てない政治をめざす

原発事故の避難者は、3年経った今も13万人。不安な生活を強いられ続けています。国の政治は、与党と一部の人に都合のよいように行われています。原発が再稼働されようとしていることも、貧困と格差の問題が放置されていることも、平和が脅かされていることも、すべての根っこはつながっています。
「人々が困っていても放置してしまう政治」に、その根本的な原因があるのではないでしょうか。私は、「困っている人を見捨てない政治」をめざします。

私たちの生活やいのちを大切にする杉並へ

杉並区でも、待機児童を抱えて不安な日々を送るお母さん、仕事がなくて非正規雇用にあまんじる若者、独り身で特養ホームにも入れない高齢者など、一人一人がそれぞれの困難を抱えています。
みんなが笑顔でいられるような、安心して一生を過ごせるような、そんな「誰にとっても優しい街」に杉並を変えていきたいのです。私たちの生活やいのちを一番大切にする街・杉並をめざして、ともに歩んでいきましょう!