福島の子どもと遊ぶ

「福島の子ども保養プロジェクト・杉並」

今年で3回目でしたが、ボクは初参加でした。

福島から16家族52人、
杉並から5家族14人、
ボランティアスタッフ30人(内大学生9人)。

震災から3年経ちましたが、
2歳、3歳ともなると、外で遊んだことがない子もいたり。

いろんなことしました。

まずはとにかく放射線を気にせず、芝生で大いに遊ぶ。

IMG_1028

スイカ割り。

IMG_1060

キャンプファイヤー。

IMG_1047

その後の花火。

IMG_1063

富士山にも行きました。すっごい天気が良くて、ナイス富士(^○^)

IMG_1059

肝試しはお化け役。

IMG_1069

4泊5日でしたが、途中、大人だけの交流会があり。
福島の親御さん方のお話しには終始泣かされっぱなし。。
ツイキャスでもできれば良かったという貴重なお話しが盛りだくさん。

中でもショックだったのは、
「保養キャンプ」に参加すること自体がとても後ろめたいこと、
だとのこと。

憤っても、どうにもならず、
ただただ、いつまでも地道に活動を続けていくということ。

とにかく子どもには、なんの罪も責任もありません。

私たち大人には、自覚はなくてもそれなりの責任が、
あると思います。

毎年カンパ集めなどとても大変ですが、
みんなと本当に協力し合いながら、
それぞれ自分のやれることをやって行きましょう!

オマケ。

IMG_1077

フクシマとチェルノブイリ

まずはこちらをご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/1c001c21a59be8cdef887208deef86a4

「チェルノブイリはヤバかった(ヤバい)」、
ということに関して異論をはさむ人をあまり聞いたことはありません。

事実、フクシマはチェルノブイリなんかよりも断然ヤバいワケだけど、
それなのに、
「フクシマはヤバい」
という認識に至らないことが、
いくら政府・メディアによる情報操作があろうとも、
やはり不思議でなりません。

そんなに鈍化してるのか。
そんなに満足しているのか。

餌をチラつかされて、
こき使われて、
思考する時間を奪われ、
自分よりも下をみることでしか己の価値を見出すことができず。

それでも子どもには「親でござい」と。

「生きる」ということは、
もっと能動的であって欲しいと願います。
でなければ悲しすぎると思いませんか。

馬橋盆踊り!! 

8月の2日ですが、
高円寺の馬橋小学校の校庭にて、
「馬橋盆踊り」が開催されました!

ボクも前日の準備と翌日の片付けまで参加させていただきました。

前日の主な作業は櫓を組むこと。

IMG_0957

鳶経験のある自分にとっても懐かしく楽しい作業でした。

IMG_0955

そして当日、まずは開始前に防災訓練!
ものすごい水圧で、1人じゃ振り回されて大変でした。

Exif_JPEG_PICTURE

そして本番はフランクフルト担当!
焼きに焼いてやりましたよ、550本ノンストップ!!
いやー、熱かった。。。

IMG_0991

数多くの店舗の中で真っ先に完売!
祭り自体も絶好調に盛り上がって充実の一日でしたー。

IMG_0999

この祭り、今年でまだ2回目なのにこんなに盛り上がってちゃ、
来年以降どうなっちゃうのか。
やっぱ日本人は好きなんだなー、こういうの。

こんな暮らしを守っていくために、
フランク食べて喜んでくれる子どもたちを守っていくために、
来年に向けて頑張って行かなければならないなー、と
あらためて思う、真夏の一日でした。

苦しみさえも分かち合うことのできる社会

先日、長野県は安曇野市にて、
こんな催し物が開催されました。

安曇野合宿(澤村さん修正)

全国各地から、自治体議員と、議員を目指す人たちが集結しました!
北は岩手、南は福岡と総勢22名。
第一回としてはなかなかのものではないでしょうか?

各議員の話しや体験談などをうかがったり、
それぞれの意志や意見をフランクに話し合ったり、
議会とはどうあるべきかを論じたり。

そんなプログラムの中、
「どんな社会を実現したいのか」
をグループごとに話し合って発表するというものがあり。

自分は、
「他人のために自分が多少の損をすること厭わない社会」
というものを挙げました。

というのも、このプログラムの直前に、
合宿参加者のうち有志数名で「松本こども留学」というプロジェクトの見学に行ってきたのです。

松本市の空き家だったこの写真の家に、
今年の4月から、福島からの女子小中学生8名が親許を離れて暮らしています。

IMG_0950

問題は本当に様々あるそうですが、
何より一番はお金だそうです。聞くと存続が危ぶまれるほど。

国策として推し進めてきた原発なのに、
避難者に対して国は知らんぷりという現状に、あらためて腹が立ちますね。

そして、松本市もお金を出すことはできないのです。
なぜなら、その子どもたちは松本市民ではないから。
住民票は福島にあるから。

「住民でもない人間になぜ私たちの大事な税金を使わなきゃならないのか!」
という意見が一部の住民や議員などからあるそうです。

原発も同じだと思うんですよ。
「脱原発とか言ってるけど、そのせいで電気料金が上がってもいいのか?」
という意見をこれまで何人もの人から聞いてきました。

原発を止めることにより電力コストが増大するのかどうかの真偽のほどは置いといて。

もし本当にそうだとして、多少電気料金が値上がることくらいなんなのか、と。
安全のためなら、それで二度と福島のようなとこが起きないようになるのなら、
安いもんでしょう?

これだけ間近に困っている人、苦しんでいる人がいて、
それでもなんでたかだか電気料金がちょっと上がるくらいのことでビービー言ってんのか。

と、いうことを考えて、上記のような発言をしたワケです。
ビービー言う人がいない社会がいいなーと単純に思い。
そこから皆で話し合い、
「幸せだけでなく、苦しみさえも分かち合う社会」
というひとつの答えができました。

そんな社会を作り出すことに少しでもこの身を役に立てたいと、
あらためて想いを強くした合宿でした。

また今回のこの合宿は、何よりもまず、
そんな想いに駆られているのは自分ひとりではないということを確認でき、
参加者それぞれに大いなる勇気を与えてくれたのではないでしょうか。

来年は「候補者」ではなく「議員」として参加したいと思います。

ご報告

本当にさまざまな皆様からご支援、ご協力いただいたにも関わらず、
11人中6位と、当選を果たすことができませんでした。

まずは自分自身の力不足をお詫び申し上げたいと思います。
申し訳ございませんでした。

とはいえまた、無所属で新人であるにも関わらず、
杉並の皆様より8,052票という暖かいお力添えを頂戴することができました。

投票いただいた皆様には、公職選挙法上、お礼を申し上げることはできませんが、
その、8,052票を糧に、また今より来年に向かって頑張って参りたいと思います。

どうか引き続き、川野たかあきへのご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

またこの度は、本当に多くの方にご協力いただきました。

推薦いただいた方、
カンパをいただいた方、
ポスターを貼ったり剥がしたりしていただいた方、
チラシをポスティングしてくださった方、
街宣を盛り上げてくださった方、
電話をかけてくださった方、
応援演説してくださった方、
ネット上で拡散してくださった方、
祈っていてくださった方、

などなど、数え上げればキリがありません。

私のような不束な人間を応援していただきまして、
本当にありがとうございました!!
感謝してもし切れません。
(有権者に対してではないのでセーフなはず!)

今後も引き続き、この国を良くすることに邁進していくことで、
そのご恩に報いていきたいと考えております。

今後とも、ご指導、ご鞭撻のほど、
よろしくお願い申し上げます!

IMG_0908

川野たかあき

国を変えるにはまず自治体から。

みなさま、こんにちは。

暑い日々、いかがお過ごしでしょうか。
ボクは街宣などで日焼けが止まりません。
こんなに黒くなったのは人生初かも。

さて、以前、
前我孫子市長の福嶋浩彦さんのお話しを聴いて、
遅ればせながら大変勉強になったことがあります。

国の政治と自治体の政治では、
その「民主主義のカタチ」が違う、ということです。

例えば、
国の首長、つまり首相は国会議員が決めます。
自治体の首長は、住民が直接選挙で決めます。

そして、
自治体では、住民がその気になれば、住民投票で
首長の解任要求や、議会の解散要求ができます。
国はそうはいきません。

「そんなこと知ってるよ!」「今さら何を言っているんだ!」という方が多いと思います。
お叱りを受けそうですがすいません、ボクは正直知りませんでした。
他にも、住民が条例案を提出できたりとかいろいろとあるみたいですが、
何しろ何が言いたいかというと、
ここからはボクの主観的・個人的な、そして拙い見解ですが、

「国を変えるには自治体から変えるしかないっ!!」

ということです。

これは福嶋さんのお話しを伺う前からなんとなく、
漠然と思っていたことではありますが、
福嶋さんのお話しを聴いたあとで確信に変わりました。

やはりまず自治体の政治は、ボク達一般市民に一番近い政治だということ。
そして、本当に住民がその気になれば、「選挙」以外でも
いくらでも政治参加する手段がある、ということ。

一番傍にある政治を放っておいて、飛び越えて、
国の政治を変えようったってそうもいかないのではないか、と。
自治体の政治すら変えられずにどうやって国を政治を変えるのか、と。

逆に、
そうやって全国各地の自治体で少しずつ住民の力を強くしていけば、
そのうち自然と国も変わって行くのではないか、と。

とはいえ、
住民の政治参加のスタートはやはり「選挙」であることに間違いはありません。

6月29日(日)、
杉並区長選挙・杉並区議会議員補欠選挙の投票日です。

今のところ、
ポスター貼ったり、
チラシ撒いたり、
駅頭で演説やったりしているのは、
ボクを含めいわゆる「リベラルサイド」の予定候補者ばかり。

そんな風に汗水垂らさなくても勝てる、という余裕なのか。

そんな態度を取られたまま本当に勝たれたら悔しいので、
余裕カマセなくなるようにやってやろうと思います。

国を変えるために、ぜひとも皆さんのお力を
この川野たかあきにお貸しください。

よろしくお願い申し上げます。

「美味しんぼ」騒動に想うこと。

「美味しんぼ」騒動で、原発問題があらためて取り沙汰されていますね。
それだけでも、出版社や作者の功績は素晴らしいと思います。

つい先日ですが、
いきつけのBarにて、とある女性と「原発論争」になりました。

その方はシングルマザーでこちらに住んでおり、
お母さんの実家は南相馬で現在も住んでいるとのこと。

そしてその方が言うには「原発は必要だ」とのこと。
「危ないかも知れないけど必要だ」と。
実家が大変な目に遭っているのに、そう言うのです。

特に明確な理由があるワケではないんです。
ただなんとなくよく聞く、
「経済的に必要だから」とか。
「電気が足りなくなるでしょう」とか。

当然のように、
現在原発は一基も動いていないことなどを伝えても聞く耳持たず。

経済的な理由に対してはいつものように、
そういう問題ではないことを伝えます。

もし仮に原発を動かした方が経済的メリットがあったとしても、
なにしろとにかく小難しい話は抜きにして、
危ないんだから原発なんて止めようよ、と。

しかし彼女は、お酒のせいもあり、
より頑なに、というかもう感情的に「原発必要」発言を繰り返すのみ。

ボクも止めとけばよかったのですが、
一児の親でありながら、また被災者の家族でありながら、
なぜそうなのか、と少し感情的になってしまい。

最後は向こうから話題を変え、その後は仲良く飲みましたが。

翌日、彼女から、
「どうしても認めたくないから感情的になってしまって申し訳ない。
どっちが正しいかなんて本当はわかっている。ごめんなさい。」
という趣旨のメール。

彼女から言わせれば、
子どもを持つ母親だからこそ、
被災者の家族だからこそ、
認めたくない、認められない、譲れない強い想いがあったのだろうと。

ボクも反省をしながら、そして思いました。

「美味しんぼ」に大きく反応する福島の方々も、
「風評被害」と叫ぶ方々も、やはり同じような感情なのだろう、と。

認めてしまったら、
そこに住めなくなってしまう。
子どもを育てられなくなってしまう。
生活できなくなってしまう。

今までの自分たちの苦しみや悲しみ、
犠牲にしてきたことはいったい何だったのだろうか、と。
もうそれは理屈ではない部分。

「現実逃避」と一言で片づけてしまうことは容易いけれど、
やはり当事者であるが故の強い想いがあるのだと思います。

一方では早々に自主避難する方もいて、
そんな人たちを非難する方もいて。

やはりそんな状況を産んでしまっているのは今の政府。

しっかりとはっきりと、責任を持って事実を明らかにし
誠実に対応する姿勢、それが事故後一貫して、ない。

もしかしたら政府自体が壮大な「現実逃避」をしているとも取れるこの状況。

そんな状況を変えるために自分に何ができるのか、
歯痒さを感じながらも、
まずは目の前のことにしっかり向き合おうとあらためて思う、
決選までおよそ一月となった夜。

「杉並は暮らしやすいですか?」Vol.2

先週の金曜日、前回と同じく表題の質問でシール投票を行ってきました@高円寺駅北口広場。

IMG_0586

皆さんお気付きかも知れませんが実はこの質問、あまりに漠然としすぎていて、

聞いてみてもなかなか会話を発展させにくい、

ということは前回やって自分でもわかっておりました。

 

「いいえ」だったら「何が不満ですか?」となるのですが、

「はい」だと、「何がイイですか?」と聞いてもほとんどが「うーん、なんとなく」という回答。

 

しかし、前回の結果(http://kawano-ga-yarimasu.com/blog/212/)に対して

「みんなお酒飲んでたからノリで答えてたダケなんではなかろうか?」

という疑念を抱いていたボクは、どうしてももう一度、シラフな杉並区民に聞いてみたかったのです。

 

ところが結果はご覧のとおり。

むしろ「いいえ」なんて一人もいませんでした。

「はい」と答えてくれた人に「何が?」と聞いてみると、

「物価が安い」という人が何人かいらっしゃいました。

みなさんどう思われますでしょうか?

正直ボクはあまり感じたことはなかったんですが、実際どうなんでしょうかね?

 

いずれにしてもあまり不満は感じていないというのは事実のようです。

それはそれでいいことのようにも思えますが、

実際に会話をしていた感じでは、

「特に考えたこともない」というのが正直なところなのではないかなぁ、と。

 

ご興味ある方はツイキャス動画もございます。

「シール投票@高円寺」ツイキャス録画
http://twitcasting.tv/kawanospt/movie/61634139
http://twitcasting.tv/kawanospt/movie/61637364

 

次回やるときは、質問を変えようと思います。

もっと具体的な問題を挙げて。

 

ではまた、明日から皆さんお仕事頑張って下さい。

お休みなさい。

 

 

 

1メートル1億円の道路!

先日、東京都が杉並区の住民に対して行う

「外環自動車道(いわゆる外環)」の説明会に行って来ました。

会は冒頭からヒートアップ。

 

都は住民の質問にまともに答えようという姿勢を見せず、

終始のらりくらりと、

口八丁手八丁。

このままズルズルなぁなぁで丸め込もう、

そんな風にしか見えない態度。

まるで小説やドラマの様でした。

 

IMG_0496

 

1兆3000億円も投入されようとしているんです。

オリンピックが決まってか、急に動き出した感もある今回の外環の延長計画。

それが杉並区も通る、と。

 

環八の渋滞緩和が目的とされてるんですが、

環八の交通量は実際すでに減少しています。

 

それに今後の人口減を考えればさらに交通量は減っていくだろう、と。

それなのに大深度地下道路だけでなく、

立ち退き強制してまでも、なんと地上部にも道路建設!

 

これ、もともとの計画は、地上部に高速道路という話だったんです。

なので高架下には側道ができる予定でした。

みなさんよく見かける、中央道と甲州街道とか、あのパターン。

すでにある外環もそうなってますね。

 

しかし、途中で計画は変更となり、

「大泉から南は地下に潜らせてしまおう」

となりました。

 

本道が地下を通るなら、地上部の側道なんて必要ないですよね?

小学生でもわかる話だと思います。

それなのに! それなのにですよ。

なんと本道は地下に潜っても、地上部の側道はやはり建設する、

と都は主張しているワケなんです。

特に納得のいく理由なんかありません。

 

そんなもん、ムダな投資、ゼネコンの仕事確保のための道路建設なのではないかと

勘ぐられても仕方がないと思いませんか?

 

だいたい地下の本道だって冒頭申し上げた通り、

本来必要ないんです。

大規模な地下トンネルの建設によって、

善福寺川周辺の地下水環境など、

環境への多大な影響も懸念されてます。

 

1メートル作るのに1億円の道路。

これを税金のムダ遣いと言わずして何といいましょうか。

是非とも見直してもらいたい案件です。

 

 

朝のご挨拶

4月頭から、平日朝に杉並区内の各線・各駅にて
「朝のご挨拶とお見送り」を、
余計なお世話ながらやらせていただいてます。

「おはようございます!いってらっしゃい!」
の声掛けとともに、自らのチラシを配る、というものです。
こんな感じ。

IMG_0504

けっこう、駅によって反応にちがいがありますね。

先日行った浜田山駅が一番反応が良かったです。
2時間弱でチラシを120~130枚ほどもらっていただきました。
他は、平均70~80枚なんです。
やってて気分良かったです。

それと、どの駅でも少なくとも一人はオジサンが自ら寄っていらっしゃって
詳しく話を聞いてくれます。
「おう、またやってるのか」
なんてお声をかけられるとうれしくなりますね!

GW中も、暦通りにお邪魔致します!

28日(月)、荻窪駅南口
30日(水)、高井戸駅
1日(木)、久我山駅北口
2日(金)、井荻駅南口
7:30~9:00です。
※予定は急遽変更となる可能性があります。

よろしくお願いします!